サイトオカモトへようこそ

世界のスマホシェア(3月) Android/62.94% iOS/33.39% Windows/1.33% Other/2.33% (Netmarketshare調べ)



前の5件 | 過去ログ | ログ検索 | プロフ | ホーム


2017/04/23(Sun)
PHS停波へのカウントダウン開始か?
先日、国内で唯一のPHSサービスを提供するワイモバイルが来年の3月でPHSの新規/機種変更の受付を終了すると発表しましたけど、まだサービス終了時期はアナウンスされておらず、一部のサービスは新規受付を続けるようなので、しばらくはPHSサービスが消え去ることはなさげですね。(^ω^) PHS契約数は昨年秋の時点で約370万ほどで、月に10万前後のペースで減少しているらしい。残り300万超のユーザーの移行先が注目されますな。因みに、主宰人は今では知る人ぞ知るNTTパーソナル中央のPHSユーザーだったこともある。(^д^;) その後WILLCOMの京ぽんやW-ZERO3シリーズの登場により真性WILLCOM中毒患者になったこともありましたけど、やがてiPhoneやAndroidなどのスマホや格安MVNOが現れて急速にPHSの魅力が失われた。PHSは電波の特性上、医療機関での需要が多かったですが、3G/LTE時代になってからはその優位性は低下し、通信速度でも3G/LTEに太刀打ちできなくなった。ま、通信技術に関しては次世代PHSと言われた「AXGP」に受け継がれてますけど、PHSとの互換性はないので別物と言えよう。WILLCOMの「W-SIM」など、注目すべきPHS技術は多かったものの、ニッチなPHS市場に参入するメーカーが増えず、さらに世界のケータイ業界の技術革新の波に国産のPHSが追い付いて行けなかったことは残念無念であった。(´-ω-`) 今でもアジトには太古のPHS端末が多数あり、固定電話の子機やトランシーバーとして使用可能だ。あと数十年もすると骨董品になるかしら?(^д^;) さて、話は変わりますけど、Windows10関連の年内のロードマップが漏れたようなのでまとめてみた。まず、Windows10 Cloudが来月リリース予定。UWPアプリだけが動作するという点ではWinRTっぽいですが、フルWin10にもアプデは可能らしい。基本的にChormeOSやChromebookに対抗するためのものだとか。ARM版Windows10は今年4Qにリリース予定。Win10の次期アプデ(Redstone3)は今年9月で、今後は年2回(3月と9月)を目標にアプデを行うようだ。気になるのはWindowsスマホの動向ですが、今後のアプデでWin32ソフトが動くようになれば人気回復すると予想してる人もいますが、Win32ソフトは基本的にPC向けに作られているのでスマホ向きではないですよね。となると、あのSurface Phoneの強みって一体何だ? やっぱ法人用のContinuum専用機なのか?(´-ω-`)
アップロードファイル 9,650 byte



2017/04/18(Tue)
iPhone8はコレで決まり?
最近、iPhone8と思われるリーク画像がネットに多数出回ってますけど、どれも試作機やコンセプトモデルのようなレンダリング画像なので信憑性はわかりませんけど、コレラの画像に共通して言えることはデュアルカメラの配置が縦並びに変更されていることとディスプレイはベゼルが狭額化されてTouch IDが削除されていることである。Touch IDはディスプレイに組み込まれるという説と背面に移動するという説の2通りあるようですが、主宰人は背面Touch IDはイヤだな。(・c_・`) 是非ともApple様の技術力でディスプレイ内に組み込んで欲しい。縦型デュアルカメラはイワカンありますが、横向きで撮影するときはむしろその方がよいのかしら?と考えると納得できなくはない気もする。今年はiPhone誕生10周年なので、記念バージョンのiPhone8とマイナーチェンジ版のiPhone7S/7S+が登場すると噂されている。主宰人的には今年の新型iPhoneの最も注目する点はやっぱディスプレイ周り(サイズや解像度)がどーなるかですね。それによって新型iPhoneに対する評価がかなり変わってくると思われ。ところで、数日前にiOS向けのAndroidシミュレーター「tryPixel」が開発中という気になるニュースがありましたけど、大昔からiPhoneでAndroidOSを動かそうとするプロジェクトや研究は「iDroid」や「OpeniBoot」などがあったものの、ほとんどがiPhone3Gまたは3GS時代で開発が頓挫した。ハードウェアレベルでiPhoneをAndroidに対応させるのはあまりにも困難であることが判明し、その後はこの種の作業に挑む兵は皆無となった。tryPixelはAndroid(7.1)をシミュレートするアプリとのことなので根本的にiDroidなどとは違いますが、注目すべきことはtryPixelはAndroidのUI/UXをシミュレートするだけでなく、apkのインスコも可能という点。(・∀・) しかもアプリなので脱獄の必要がないという。とは言っても、流石にAppストアではリリースできないだろうから、Cydiaからインスコ、または勝手アプリとしてサイドロードする必要があると思われ。動作速度や安定性なんかは全くアテにしてませんが、マジな話だとすれば動くだけでもスゲエ罠。そーいえば、数年前に米国コロンビア大学がAndroid端末でiOSアプリを動かす「Cycada/Cider」といソフトウェアを披露してましたけど、結局アレはなんだったんだ???(´-ω-`) ま、tryPixelも単なる話題作りの可能性は大ですが、とりあえず全く期待しないでおきましょう。(^ω^)
アップロードファイル 39,209 byte



2017/04/16(Sun)
ついにJアラートが降って来る?
ここんところ北朝鮮情勢が悪化しており、場合によっては米軍が北朝鮮に対して何らかの軍事的攻撃を行う可能性があると噂されている。そうなると北朝鮮は報復措置として日本に対してミサイルをぶっ放すんぢゃねかと懸念されている。(;゚Д゚) 主に在日米軍や自衛隊などの軍事施設が標的だと言われてますが、主宰人が潜伏するアジトはその米軍基地から数キロ地点にあるのでマジでミサイル飛んで来たらシャレにならん罠。(´-ω-`) 北朝鮮から日本本土へのミサイル到達時間は一般的に約7〜8分だと推測されている。で、緊急警報の「Jアラート」が日本国民に配信されるのはミサイル発射後、早くても4分は必要と言われてますので、何か行動できる時間的余裕は数分間だと思われ。さらに現在のJアラートはミサイルが日本領域に落下(または通過)しそうな場合に警報されるものの第1報ではミサイルの落下予想地域は通知されな?いっぽい。正確な情報が配信されるころにはほほ着弾してるかもね。(>_<) ま、とりあえず通知を受けたら建物の中に入るぐらいのことはできるとしても、車やバイクで逃げるなんてことしても無駄でしょね。ところで、JアラートはETWSを利用してるようですが、気象庁から携帯キャリアに直接配信される地震速報や津波警報とは違い、ミサイル情報は内閣官房から消防庁送信システムを経てから携帯キャリアに伝達されるらしい。ドコモ、au、SBなどが販売する端末ではJアラートの受信は可能となってますけど、MVNOや海外シムフリ端末では受信できるかどうかはイマイチ定かではないようだ。Nexusや海外のAndroidスマホにもETWS設定できる機種がありますけど、Androidは機種が多すぎるので検証が難しい。因みに、ドコモがまだiPhoneを発売していない当時、ドコモ網ではiPhoneを脱獄しないと緊急地震速報の受信ができませんでしたけど、今はETWSに対応している国内向けiPhoneならばJアラートも受信できる可能性はありますね。Jアラートは国民生活に重大な影響を与えるので、もしもキャリア勢がMVNOイジメとしてJアラートの受信を意図的に妨げるような対策してるなら行政処分をガツンと1発かましてもらいたい。心配な人はヤフーの防災速報アプリとかも入れとくのがよさげかも。ま、でも、いくらアラート受信できても実際に爆撃されてしまっては困るので迎撃ミサイル(SM-3/PAC-3)には頑張ってもらわにゃあかんですがぁ。。。(´-ω-`)
アップロードファイル 23,047 byte



2017/04/14(Fri)
アジトからCD/DVDが消え去った日
先日、Windows10をアップデートしましたけど、今まで主宰人はクリーンインスコ用のISOイメージはいつもDVDに焼いて保存してたんすけど、今回からUSBメモリに焼くことにした。数年前からアジトにあるCDやDVDディスクをPCに取り込む作業をコツコツと行ってきた結果、大量のCD/DVDディスクがタンスの棚から姿を消し、ついにアジトから光学ディスクが完全に消え去った。HDDを増やせばファイルのバックアップは簡単にできるし、もしデータ消失してもデータ救出できる高性能なソフトが増えてますし、クラウドもバックアップストレージとして役立つので、よほどのことがない限りもうデータを失うことは不可能になったと言える。そもそもCDやDVDディスクが増えると必要なディスクやファイルを見つけ出すのが困難になり保管しておいても効率的ではなくなるので主宰人はディスクレス化を目指すことにした。(^ω^) 今やUSBメモリからでもPCブートできますし、映画や音楽はネットでDLして購入またはレンタルする時代になったのでmp3やmp4などにファイル化してPCに保存しておけばスマホやタブレットなどからも利用できるので便利だし。そう考えると、Blu-rayもDVDと同じような運命かもね。Blu-rayは4K時代になってから一気に普及すると予測してる人もいますが、既にYouTubeも4K動画サービスを始めているぐらいですから、コンテンツをわざわざ光学ディスクに保存すること自体が時代遅れな考え方になりつつあるのかも。(´-ω-`) ところで、4Kテレビ放送は来年末ごろからBSが本格的にサービス開始するらしいですけど、超高精細のため50インチぐらいの大型ディスプレでないとあんまし意味ないと言われている。(・c_・`) 再生はできてもそれを活かせる出力機器がないと実力を発揮できないという点ではハイレゾ音源とよく似た性質があるかも。4K放送はH.265(HEVC)コーデックが使われるらしい。H.265はFFmpegやHandbrakeなどの無料ソフトでもエンコード可能なので、これからは動画ファイルはH.265形式で保存しよかな。因みに、音声ファイルは160kbps以上だとaacよりmp3の方が高音質らしく、200kbps以上なるとハイレゾ音源との区別が難しいと言われてるので主宰人はCDからリッピングするときは192kbps以上のmp3と決めてます。ま、時代と共にメディアの種類や使い方は変わってくるので、フレキシブルに対処できるようにしておきたいもんだす。(^ω^)
アップロードファイル 11,368 byte



前の5件 | 過去ログ | ログ検索 | プロフ | ホーム

(C) 2017 siteokamoto