2013/12/22(Sun)
EC309でDTMするの巻
前回はEC309でゲームがどんだけ使いもんになるか試してみましたが、意外と使えたので今回は調子こいて更に難易度が高い?と思われるDTMにチャレンジしてみた。(^ω^) iOSと比較するとAndroidにはまともなDTM系シンセアプリがほとんどないわけですが、そんな中でも数少ない高性能DTMアプリの「FL Studio」をまず初めに試してみましたが、インスコは成功するものの起動させると残念無念にも落ちる。(T_T) ま、当然と言えば当然の結果なので気を取り直して次はAndroidのシンセアプリ界ではもはやFL Studioと並んで殿堂入りアプリと言える「Caustic」にトライ。こちらはつい最近メジャーアプデがあったようで、現在のバージョンは3.0になっている。動作条件が800x480以上の解像度となっているのでダメもとで試してみたら奇跡的に起動した。(^o^) ま、起動したと言ってもEC309の画面ではボタンやツマミ類を自在に操作するのは至難の業でしょうけど、操作自体は他のスマホと全く同じなので気合入れればEC309でもDTMは不可能ではないかも? 但し、人並み外れた精神力と忍耐力が必要でしょうけどね。(^д^;) 因みに、最新版CausticにはYMOのタンス(Moog-IIIC)を彷彿させるようなモジュラーシンセや8バンドボコーダーなども追加されててギザウレシス。Causticは何故か今までずっとAndroid版しか存在しませんでしたが、最近よーやくiOS版が登場したみたいですな。機能はどちらもほぼ同じだと思いますが、App Storeにあるの数多くの優秀なシンセアプリの中でもAndroid発のCausticは十分に高性能なレベルだと言えよう。その他には主宰人がお気に入りのoxxxideの「FMシンセ」と「アナログシンセ」をEC309で試してみましたが、どちらも起動しましたけどサイズ的にツマミを弄るのはほぼ不可能でキーボードサイズも変更できないので実用的ではないですね。楽器としてプレイするなら「Perfect Piano」のようなシンプルなアプリの方が向いているかもね。ま、EC309でピアノ演奏するなんてアホかと言われるかもしんないですが、主宰人は今年のクリスマスには「戦メリ」を指1本で弾いて多くの女子を虜にしちゃおかなと密かに猛練習してます。←誰か主宰人の暴走を止めてくんなまし。(^д^;)
アップロードファイル 20,132 byte