サイトオカモトへようこそ

世界のスマホシェア(5月) Android/69.87% iOS/28.82% Other/1.31% (Netmarketshare調べ)


記事一覧

Jelly Proでシンセアプリを使ってみるの巻

0065.jpg最初に言っておきますが、Jelly Proに限らず、一般的にスマホはシンセアプリの使用には向いていないことは明らかである。そもそもシンセアプリはタブレットを対象としたものが多いですが、とりあえずスマホでも動作はするのでアプリ屋さん的にはせっかく制作したんだから実用性は度外視してスマホユーザーにも販売して儲けましょってことでアプリストアで配信されてるんだろな。(^д^;) 主宰人は過去にNexus6やiPhone6+などの5~6インチクラスのスマホを使ったことがありますが、コレラの大きめなスマホでもシンセアプリの操作は決して快適とは言えなかったので、2.5インチクラスの極小スマホでは使いもんにならないことは言わずもがなであろう。特に多機能なシンセアプリだとボタンやツマミ類が多くUIも複雑なため、物理的に小さい画面上では正確な操作ができない。さらに文字は潰れて認識できないレベルになるため暗中模索状態で使用するハメになる。少なくとも前以って大きいサイズのスマホやタブレットで操作方法を覚えておかないと何が何だかワケワカメになるであろう。但し、奇人変人の主宰人にとってはそんなこたどーでもよい。シンセアプリをいつもポケットに入れて持ち歩くことにエクスタシーを感じてるので、ぶっちゃけ実用性は二の次なのである。(´∀`) 実際、5年前にも1.5インチのEC309でシンセアプリを動かして喜んでましたからねぇ。(^ω^) ま、確かにシンセアプリはスマホ単体では使い辛くて実用的ではないとは言え、”外部音源”として考えると使い道が広がり利用価値もグッと上がるかもしれん。主宰人はMIDIキーボードの「KORG microKEY-Air」を購入してからはスマホでもシンセアプリをよく使用するようになった。特にiOSアプリにはMoog系やARP Odysseyなどのアナログシンセをモデリング化したアプリが数多くリリースされてるので、MIDIキーボードさえあればiPhoneで往年のビンテージアナログシンセの音をグルグリと奏でることができる。因みに、microKEY-Airは基本的にiOSデバイス向けですが、Playストアにある「MIDI BLE Connect」を利用することによりJelly ProでもBT経由でmicroKEY-Airが使えるアプリ(G-StomperやDRCなど)はある。しかも、ほとんど遅延を感じないのがよかと。尚、Jelly ProはUSB OTGには対応してないので残念ながらUSB接続はできませんけど、ぶっちゃけUSB接続だと充電しながら使えないのでアッと言う間にバッテリー消耗するため、むしろBT接続の方が理想的ですね。ま、いずれにしても、使用してると端末が石焼ビビンバのように熱くなりますが、このサイズのスマホでこんだけ使えれば十分か?(^ω^)

...続きを読む
  • 2018/05/19

コレがホントのおサイフ対応スマホ?

0064.gif今年2月頃から世界最小レベルの2.5インチ系スマホにハマっている主宰人ですが、画面サイズにはかなり慣れてきた。よほどの長文でも打たない限り入力時に苦痛を感じることは少なくなった。表示に関してもモバイル向けに作成されたウェブページやアプリであれば特に問題はない。但し、ごく一部には表示位置がズレたり、画面からはみ出してまともに使えないアプリもなくはない。更にインストールはできるものの、画面スペックの関係上、起動しないアプリやブラックアウトするアプリが稀にありますけど、コレラの問題に関しては必要に応じてDPIを変更(要ルート化)することで正常に起動できる場合もあるようです。極小スマホの最大の弱点であるバッテリーは当初はSIMを入れて使っていたからかギリギリ1日使えるかビミョ~なとこでしたけど、基本WiFiオンリーで使うようにしてからは1~2日は持つようになった。WiFiに比べるとセルラー通信はかなりバッテリー食いするっぽげ。特に屋外や移動時は。(´-ω-`) 因みに、「Jelly Pro」はVoLTEが使えてLTE/800MHzも利用可能なので、3Gをオフにする節電技はアリかもね。データ専用SIMで使う場合はセルスタンバイ回避が必要でしょうが、Jelly ProならXposed(要ルート化)が使えるので対処は割と楽ですね。あと、Jelly ProにはFMラジオアプリがプリインスコされてますけど、MTKチップ搭載の中華スマホによくある対応周波数が87~108MHzなので基本的には日本向けではないですが、SQLiteEditorを使ってFMラジオアプリのdatabaseのチャンネルリストを書き換える手口で76~108MHzに対応させることは可能(EC309と同じ)。但し、注意点としてアプリを終了させるときに87MHz以上の放送局を選択しておかないと次回起動するときにエラーが発生し、エンジニアモードに入って手動で周波数を入力するハメになるのでそこだけは忘れないようにしたい。ま、でも、以前は上記のようなハックをしないと海外スマホのFMラジオアプリは国内では使いもんになんなかったですが、今はワイド放送があるので、例えば関東ではTBSラジオ/90.5MHz、文化放送/91.6MHz、ニッポン放送/93.0MHzが聴けますね。Jelly Proはメインスマホとして使うには不安が多いですが、クレカサイズの財布の中にも入っちゃうコンパクト性はやっぱ魅力的ですね。試しに主宰人が以前に使っていたカードサイズ型の財布を改造してJelly Pro専用の手帳型ケースを作ってみた。(^ω^) Suica等のICカードも入れておけばモバイルSuicaの必要なし。この手のニッチなスマホはアクセサリ系が乏しいので自主的な工作力がモノを言いますね。(´∀`)

...続きを読む
  • 2018/05/15

AIスマホの実力は?

0063.jpg今週はGoogle I/Oが開催されましたけど、Android Pに関してはDP2がリリースされてDP1にはなかった数多くの新機能が加えられたようですね。その中でも最も印象的なのはiPhoneX風のナビバーですかね。ま、以前からAndroidOSには画面上にナビバーがあり、ハード式のホームボタンがない機種も多かったのでソフトウェア的なホームボタンの操作には慣れている人も多いでしょうが、今回はiPhoneXのUIをそのまんまマネた感が強いので好みの別れるとこかもね。でも、SDKのエミュで確認してみたところ、設定で従来のナビバー表示にも切れ替えることはできるようなので、そこいらへんは変更ができないハードボタンとは異なり、融通が利くソフトボタンの強みですね。その他の主な新機能としては、バッテリー駆動時間を改善するAdaptive Battery&Brightness、次の操作を予測するApp ActionsとSlices、アプリ使用状況の管理するDashboard、使いすぎを防止するApp Timer、通知機能を制限するDo Not Disturb、夜間に画面を白黒にするWind downなどがあるみたいですが、全般的にどの機能もAI学習を活用した機能が多いようだ。ま、最近のGoogleは「AIファースト」をモットーにしており、Android PはAIが中核となる初のAndroidとも公言してるので、AI機能が多用されるのは当然のことであろう。但し、主宰人的にはAIの必要性を否定するつもりはないものの、まだ過度の期待や過信はしていない。AIが自分が希望することや予期していることを忠実に実行してくれればいーんですが、もしそうでない場合、なんてウザくてムカツク機能なんだろかと感じることであろう。(´~`) 特に行動や思考バターンがコロコロ変わる奇人変人な主宰人はAI泣かせのユーザーになるのかもしれん。(^д^;) ま、AIに関しては少し気長に進化の行方を見守りたいもんだす。ところで、Android P DP2から利用できる機種がGoogle Pixelシリーズだけでなく、一部の他社製スマホでも利用可能になった模様。日本ではXperia XZ2とEssential Phoneが対象機となるようなのでPixelスマホが使えない国内デベロパにとっては朗報と言えよう。但し、まもなく発売開始される国内キャリア向けのXperia XZ2が開発機として利用できるかは不明。今月から各キャリアは夏モデルの投入を始めてますけど、巷では依然として"iPhoneSE2"の噂が後を絶たないようですな。5月発売説、WWDC発表説、9月発表説、マイナーチェンジ説、FaceID対応フルモデルチェンジ説などなど、様々な噂が飛び交ってますけど、どれもイマイチ決定的打に欠けてる感じすかね? 結局いつまで経っても発売されないなんていうオチでオワタりして?(^д^;)

...続きを読む
  • 2018/05/11

クラウドサービスには保険を・・・

0062.jpg最近、ネット上ではGoogleが5月12日で「Google Drive」のサービスを終了するというショッキングなタイトルのニュースが出回ってますけど、ぶっちゃけ現在のサービス内容が「バックアップと同期」に移行されるだけで、基本的には今まで通り使えるというか、機能としてはむしろ強化されて使い易くなるという。以前からクラウドサービスに関しては重度のGoogle依存症の主宰人ですが、あんましGoogle頼りになりすぎると痛い目に遭う?かもしんないので、保険として他のクラウドサービスも利用している。Googleの代わりとして主宰人が最も期待してるのはMSですかね。近年のMSはこれまでのWindowsを中心とするOS事業からグローバルなクロスプラットフォーム環境で利用できるクラウドサービス事業へシフトさせている。通信技術や端末の性能向上によって将来的にはOSやアプリは全てクラウド上に置き、デバイスをネットワークブートさせる日が来るかもしれん。そうなると今でもPC界では圧倒的なシェアを持つMSは再び不気味な存在になり得る? MSやGoogleの動向には常に注目してますが、万が一の場合はいつでもフレキシブルに対処できるようにしておきたいもんだす。(^ω^) 因みに、Googleは「Google Play Music」も年内に終了して「YouTube Remix」とかいう新サービスに移行すると噂されてるみたいですが、主宰人は有料会員ではないものの、Google Play Musicはよく使うので気になるところだ。主宰人の場合、PCに保存してあるMP3等の楽曲を丸ごとGoogle Play Musicにアップロードしてある。バックアップにもなるし、iPhoneやAndroidスマホに音楽を入れておかなくてもストリーミング再生ができて一石二鳥なので重宝している。但し、昨年あたりからAmazon Musicがアップロード曲のストリーミング再生を廃止したり、MSはGroove Musicを終了して「Spotify」と提携するなど、ストリーミング系ミュージックサービス界の地殻変動?が起きているみたいなので、Googleも対抗策として何か戦略変更を行う可能性は高い罠。(;゚Д゚) ま、主宰人的には手持ちの音楽ファイルをクラウドにアップロード&保存できて、それらを端末から聴ければ満足なんすけど、最近はSpotifyのような聴き放題系のサービスが台頭してきてるので、個人的に所有するな音楽ファイルの取り扱いは排除される傾向にあるのかしら???(・c_・`) てか、主宰人としてはSpotifyとかのサービスではお気に入りの曲があんまし見つからないのが一番の悩みのタネなんだよねぇ。。。レアな音楽好きのマニアの泣き所か?(´-ω-`)

...続きを読む
  • 2018/05/07

結局、UWPってどーなのよ?

0061.jpgリリースが遅れていた「Windows10 April 2018 Update」の配信が今日から開始された。今回のアプデの主な新機能は最大30日間のアクティビティを表示して再開できるタイムライン、通知を制限できる集中モード、その他、Edge、Cortana、Microsoft IMEの機能強化などとなっている。主宰人的にはどーでもいーよーな内容ばっかですが、とりあえず早々とアプデしてみた。(^ω^) 相変わらずWindowsのアプデはダウンロード、インストール、セットアップが全て完了するには数時間かかりますね。使用するPCのスペックにもよるのかもしんないですが、もちっと短くならんもんだろか?(´-ω-`) ま、でも、以前はアプデ後に環境の再構築などを強いられて、半日潰れたなんてことはよくあったもんですが、最近はOSアプデ後に不具合が発生したり、特定のアプリが正常に動作しなくなることは極めて少なくなりましたね。ま、スマホと同様にパソコンのOSも革新的な新機能の追加は徐々に減り、アプデは既存機能の改善・修正が主となってきたという理由もあんでしょうがね。主宰人的にはWindows10はそんなに悪いOSではないと感じてますが、ユニバーサルアプリに関しては少し失望している。元々、ユニバーサルアプリはMSの"One Windows構想"の中核を担うプラットフォーム(UWP)として、PCだけでなくモバイル端末やゲーム機器でも動作するアプリを統合して開発できることがウリでしたが、早くもWindows10 Mobileが玉砕状態となり脱落したため、その存在意義が薄れ欠けている。(´-ω-`) 巷ではWin10のユニバーサルアプリが話題になるなんてことはあんまし聞かないし、主宰人もWindowsストアからアプリをダウソして使用することは滅多にない。最近、Apple様がWin10のユニバーサルアプリ版iTunesをリリースしましたけど、Win32版と共存できないようなので主宰人は使うのを諦めた。iTuens12.7以降からiOSアプリの管理や同期ができなくなったため、主宰人は今でもiTuens12.6.3を使用している。ユニバーサルアプリ版iTunesはアプリの管理機能はないようだし、Win32版のiTuens12.6.3がいつまで使えるかわからんので今後はiOSアプリの管理対策を考えねばならんだろな。(´-ω-`) iOSデバイス単体で管理する場合、アプリを更新したあとに問題発生しても旧バージョンには戻せませんけど、PCのiTunes(~12.6.3)ならipaファイルをバックアップしておけばいつでも旧バージョンに戻せる利点がある。誰かエロい人がiTunesを使わずにiOSアプリをダウソできる方法とか、脱獄しなくてもiOSデバイスからアプリを吸い出せる方法を発明してくんないかしら?(^д^;)

...続きを読む
  • 2018/05/01