サイトオカモトへようこそ

世界のスマホシェア(4月) Android/70.00% iOS/28.17% Other/1.83% (Netmarketshare調べ)


記事一覧

データ通信ケチケチ節約術

0122.jpg知人や友人などに会ったときにスマホで撮った写真や動画をお互いに転送することはよくあることだと思いますけど、一般的にiPhone同士ならAirDrop、Android同士ならBluetoothやWiFiDirectやAndroid Beam等を使えばパケット通信は不要で送受信できますが、iPhoneとAndroidのように異なるスマホ同士の場合、同様なファイル転送機能はない。(´-ω-`) さらにWiFiなどの公衆無線LANはどこでも必ず使用可能であるとも限らない。ま、写真数枚程度ならメールやSNSで送る人も多いでしょうけど、大量の写真や動画を転送するとなるとデータ通信量が無視できなくなる。大量データの送受信は自分はよくても相手にとっては有難迷惑なこともあるので、会ったときに直接まとめてドカッと転送しよと思ってたのに相手のスマホがiPhone(又はAndroid)じゃなかったとか、うまく無線LANが使えなかったとかで結局キャリアのパケット通信で送るというマヌケな事態になることもありえる罠。(^д^;) 以前から主宰人はインターネットを経由せずにスマホ間でファイル転送する手口としてテザリングを有効活用できないかなと考えてたんすけど、今まで試したことがなかったので実際にやってみた。まずiPhoneを親機、Pixel3を子機にしてテザリング接続(WiFiまたはBluetooth)したあと、WebDAVアプリをiPhoneで起動させ、Pixel3のブラウザで画像と動画のファイルを送受信してみたところ見事成功。(^o^) 因みにiOSのテザリングは172.20.10.xのローカルアドレスを使用するようだ。反対にPixel3でテザリングする場合も理論的に同じ要領でファイル転送が可能なハズ。但し、WebDAVやFTP系のファイル転送アプリはテザリング使用時(アドホック接続)は使えないものが多いので対応したアプリが必要。主宰人は「Files」というWebDAVアプリを使った。WebDAVやFTPなんてアッパラという人には「Xender」という無料のiPhone/Android向けファイル転送アプリがある。似たようなアプリは他にも存在しますけど、その多くはモバイル通信やWiFi接続を必要としますが、Xenderはアドホック接続するようなのでモバイルネットワークがなくても桶。使い方に少しクセがありますけど、一度使い方を覚えてしまえばネ申アプリに化けるかも? 但し、中華製アプリなので一見よさげなアプリだと思ってても実はワルサーする機能が隠れてたりすることもあるので、そーゆー点が不安な人は上記のテザリング技を使うのが吉かと。主宰人のような格安MVNOの少ないデータ容量プランを利用する人にはデータの大量消費は死活問題なので知恵と技を駆使したケチケチ節約術によって少しでも”パケ死”の危険性が減ることを謹んでお祈り申し上げます。(^д^;)

...続きを読む
  • 2019/04/13

や ら れ た !

0121.jpg数日前にドコモのネットワーク利用制限確認サイトで中古スマホのステータスを調べてたんすけど、何気なく主宰人のiPhoneXのIMEIも入力してみたところ、ぬわんとぉ結果が「×」と表示されているではないすか。∑( ̄□ ̄;) 主宰人の長~いスマホ歴の中で×判定を食らったことなんて一度もなかったので一瞬目を疑いましたが現実のようだ、(x_x) 昨年9月に某中古スマホ販売サイトで未使用の中古品(新古)として購入したドコモ版iPhoneXなんですけど、購入時に確認したときは「△」だった。問題なく使えていたのでその後は確認しなかったですが、まさかいつの間にか「×」になってたとは。。。でも、不思議なことに「×」と表示されているのに現在もこのiPhoneXは平然とIIJmioのSIM(タイプD)で使用できている。SIMを入れ替えたり、本体を再起動したり、機内モードON/OFFを繰り返してもガッツリとドコモの信号を掴み、通話もデータ通信も無問題である。まだ×判定になったばかりで実際に利用不可になるまで時間差がある?のかもしんないのでもう少し様子をみようと思いますけど、ちょっと気になるのは今年2月にやったSIMロック解除である。今年2月20日から中古スマホのSIMロック解除が解禁されたので主宰人も解除してみたんすけど、解除の条件として購入後100日経過していることや利用制限(×)されていないことが挙げられているので、少なくとも2月20日時点では「△」だったハズなので、それ以降に「×」になったと思われ。不正に入手された端末ならもっと前から「×」になってただろうし、売り手が分割支払金を滞納したり途中で踏み倒した可能性は高いとは言え、タイミング的なことを考えるとSIMロック解除が何か関係している説(正常に処理されなかったとか)も捨て切れない?  使用中の端末が突然×判定になるなんて今まで都市伝説かと思ってましたが、やっぱホンマにあんですね。(;゚Д゚) とりあえず主宰人のiPhoneXは赤ロム補償されているので販売店に通報すれば返金されるとのことですが、理由はともかく現在も使えてるのでコレを果たして"赤ロム"と呼ぶのかどうかはビミョーなので実際に使えなくなるまでこのまま使ってよかと思う。因みに、端末のSIMロックを解除した後に利用制限された場合、制限されたキャリア以外のネットワークでは利用できることは判明してますけど、主宰人の場合、×判定を食らったドコモ網を利用するMVNOを使用してるのにも関わらず使えちゃってることが大きな謎となっている。ぶっちゃけそこんところの真相をドコモに尋ねてみたいもんですが、ヘタに問い合わせたことによってマジで使えなくなってもアレなので今は触らぬ神に祟りなしってことで。。。(^д^;)

...続きを読む
  • 2019/04/06

スマホを3Dスキャナーとして使うの巻

0120.jpg先日発表されたHuawei P30 ProにはTOF対応カメラが搭載されている。TOFカメラなどのデプスセンサーは主に3D顔認証機能としてiPhoneX等の一部のスマホに搭載されていますが、Huawei P30 Proは通常のメインカメラにTOFセンサーを使用している点がこれまでとは異なる。Huawei曰く、TOFカメラを利用することにより今まで以上に奥行き感のあるボケ写真を撮れるようになるという。TOFはAR分野でも期待されている3Dセンシング技術で今後は様々な用途に応用されていくんでしょうけど、現状のARアプリは3Dデータを画面上に表示させるだけのお遊び系やゲームアプリがほとんどである。但し、今年からソニーがTOFセンサーを量産するらしいので今後はTOFカメラを搭載したスマホは急速に増えると思われ。ま、既に一般的なスマホでもTOFカメラと同じような3Dスキャンが可能なアプリ(Qloneなど)は存在するものの、特殊な撮影方法が必要だったり、スキャンできてもぶっちゃけ話にならんほど精度が悪かったりするアプリが多い。因みにiPhoneXはTrueDepthカメラ搭載なので3Dスキャンができるハズですが、どんだけのスキャン性能なのか気になったので実際に試してみた。(^ω^) とりあえず、App Storeには「Capture」とか「Scandy Pro」のようなTrueDepthカメラ対応の3Dスキャンアプリがあるので使ってみたところ、フロントカメラでしかスキャンできないのがアレですけど、思っていたよりまともにスキャンできるもんだなと感じた。(゚∀゚) 基本的にTrueDepthカメラは顔認証用だからか顔のスキャンはほぼ完璧。顔以外はスキャンするものによって得意、苦手があるようだ。特に複雑なオブジェはスキャン精度が頗る悪い。とりあえず、アジトにあった自由の女神像(約30センチ大)をスキャンしてみましたが、このレベルのオブジェならなんとかそれっぽくスキャンできるようだ。スキャンしたデータはobjやstlやusdzなどの形式に保存できるのでPCに転送すれば細かい編集や修正も可能となる。objとstlはWindow10標準の「Print 3D」で印刷可能。最近は3Dプリンターは安いものなら数万円台からあるようだし、そのうちもっと高性能なTOFカメラ搭載のスマホが登場して何でもかんでも3Dスキャンできるようになったひにゃフィギュア系の商売とかあがったりだろな。(;゚Д゚) 主宰人も3Dプリンターには興味ありますけど、まだ3Dプリンターの実用性というか価値がイマイチよくわからん。例えば、もしコップ1個作成するのに素材費が100円以上になるようだったら100均で買う方がお得になっちまいますよねぇ。←すぐに物事を損得勘定で判断する主宰人。(^д^;)

...続きを読む
  • 2019/03/31

Huawei P30/P30 Proは買いなのか?

0119.jpg昨夜Huaweiが新型スマホ「P30/P30 Pro」を発表した。Huawei Pシリーズは今やSamsungのGalaxySシリーズ、Apple様のiPhoneシリーズと並ぶスマホ界の3大フラグシップ機と言えるので注目してましたが、噂通り超ハイスペックスマホとなっているようだ。特にカメラがエグいっぽい。(゚∀゚) 基本的にはGalaxyS10などと同じく最近の主流になりつつある「広角」「超広角」「望遠」のトリプルカメラを搭載しつつ、上位機種のP30 ProにはTOFカメラも搭載された。望遠機能は光を屈曲させてレンズを横向きに設置することで焦点距離を稼ぎ光学10倍撮影を可能にしたとか。手ブレが心配ですけど、実機レビューではかなり滑らかに撮れている感じはする。広角レンズのセンサーは一般的なRGGB配置ではなく、RYYB配置にしたことで約40%明るくなったらしい。TOFカメラは3DカメラやARへの応用も期待されてますけど、現在はより精度の高いボケ味を出すことぐらいにしか使い道がない? 何はともあれ現状では至高のカメラ搭載スマホであることは間違いなさげだ。でも、逆を言えばカメラ以外に関しては目立った特徴や革新性は感じられないのにカメラのためだけ?に十何万円も払えるかどうかはビミョーなとこだ罠。(´-ω-`) 進化に乏しい新機種の場合、過去の傾向からするとカメラ機能の強化に重点か置かれることが多いことから、Huawei的には今年のPシリーズはネタ切れ気味で新たなセールスポイントを見つけるのに苦労してんのかもね。最近、米国との敵対関係が激化しているHuaweiですけど、一部の噂ではAndroidに代わる独自のモバイルOS開発を進めているという説もあるようなので引き続きHuaweiの動向に監視を続ける必要がありそだな。ところで、我らがApple様は先日のイベントで「News+」「Apple Card」「TV+」「Apple Arcade」などの新サービスを発表しましたが、主宰人的にはApple Cardが気になるものの、日本ではまだサービスインの予定がないというので少しシラケ気味。クレカだけでなく他のサービスも業界の競合サービスとの軋轢とかありそで大変そだな。 (;゚Д゚) Apple Arcadeは先日Googleが発表したゲームストリーミングサービスの「STADIA」とは異なり、ダウンロードのオフライン利用が可能なことが特徴となってますが、将来的にどちらが理想的なゲーム環境なのかはまだ謎が多い。ま、Apple様としては今後は収入源をハードからサービス系にシフトさせて行きたいんでしょけど、ターゲットユーザーが増えなければサービス収入も伸び悩むでしょうから、できればApple Musicのようにクロスプラットフォーム展開でお願いしますぅ。無理だろけど。。。(^д^;)

...続きを読む
  • 2019/03/27

Android Qベータ版を使ってみるの巻

0118.JPG本日Googleが「Android Q」のベータ版を初公開した。現在はAndroid Qベータ版を利用できるのはGoogle Pixelシリーズだけみたいですけど、今後対応する機種が増えていくとのこと。各スマホメーカーのOSアプデがスムーズにできるようになるという"Project Treble"とやらの実力をそろそろ発揮してもらいたいもんだ。(^ω^) Android Qベータ版は全6回のアップデートが予定されており、6月配信予定のBeta4でAPIが確定し、最終的に今年3Qに正式版がリリースされる模様。主宰人は先月からPixel3を使用してますが、ドコモのSIMロック版なので今はまだロム焼きができないためベータ版を使うのは無理かなと思いきや、Androidベータプログラムに登録すれば通常のOTAアプデでベータ版をインスコできる(登録解除すれば正式版に戻せる)というので早速やってみたところ、いとも簡単にAndroid Qベータ版にアプデすることができた。(^o^) Android Qで最も重視されている点はプライバシー保護の強化ということらしいですが、OSの見た目の違いはほとんど感じられない。チョコっと使ってみた感じでは何度かアプリが強制終了することがありましたけど、まだBeta1の割には全体的に調子よく動作していると言えるのかも。Android Qの主な新機能や変更点を挙げてみますと、アプリ使用中のみのGPSアクセス許可、ファイルへのアクセス権限を強化、データ共有の高速化、新設定パネル、一般カメラアプリで被写界深度情報が取得可能、AV1/Opusコーデック対応、削除したアプリの復元、アダプティブWiFi、WPA3/TLS1.3サポート、Vulkan強化、ANGLE採用、ネイティブMIDI APIによる低遅延化、ART改善によるメモリ消費の減少&高速化、などなど。因みに、Android Qで搭載が予想されていたダークモードはBeta1の時点ではまだ実装されていないっぽい。今後の更新で追加されたり削除される機能は数多くあるでしょうから、正式版とは大きく異なる可能性はあるでしょうね。ところで話は変わりますが、iOS12が脱獄可能になってから約3週間が経ちましたが、未だに脱獄ツールのunc0verはベータ版でA12デバイスの脱獄もできない状況が続いてますが、unc0verに関する致命的な問題は解消されてきたようなので、主宰人の無印X(iOS12.1.2)を脱獄してみた。iOS11と比べると脱獄成功率はアップしてるようでして、主宰人は1発クリアであった。(^ω^) 脱獄アプリのiOS12対応もけっこー早い感じ。あとはElectra陣営の動向が気になりますが、主宰人的にはiOS2.x時代から続くiOS連続脱獄記録が今年も更新されたので、コレでもういつ再入獄することになっても悔いはない?かも。(´∀`)

...続きを読む
  • 2019/03/14