サイトオカモトへようこそ

世界のスマホシェア(7月) Android/70.863% iOS/27.81% Other/1.33% (Netmarketshare調べ)


記事表示

BlueStacksがNougatに対応したの巻

0046.jpgAndroidエミュでお馴染みのBlueStacksがようやくNougat(ベータ版)に対応したらしい。Windows上で動くAndroidエミュと言えばBlueStacksの他にもNox PlayerやWindroyeなどが知られてますが、どれも長い間Kitkatベースのままだったので、もう開発終了となるのかなと思いきや、まさかLolipopとMarshmallowを飛ばして来るとは。。。(^ω^) 因みに、Windroyeは既に開発終了?しているみたいで現在は公式サイトにもアクセスできなくなっている。Nox Playerは依然としてKitkatベースですが、定期的な更新は頻繁にされているので、BlueStacksの後を追ってNougatアプデされる可能性はあるかもね。ところで、Windows向けAndroidエミュにはWindowsにインストールするタイプとVMWareやVirtualBoxなどの仮想マシンにインストールするタイプがありますけど、BlueStacks、Nox Player、Windroyeは前者、AndyOS、Genymotion、Androidx86、RemixOSなどは後者になる。前者はインストールや設定は簡単ですが、Android自体が大幅にカスタマイズされてたりするので利用できないアプリもけっこーある。後者は割と素のAndroidっぽく使えるものが多いですが、仮想環境を利用するのでインストールが複雑となり動作は不安定なこともある。ま、どちらも一長一短って感じか? 主宰人は過去にAndyOSをインスコしたらVMWare環境で利用していたOSX関連の設定がしっちゃかめっちゃかになっちまってめっちゃ苦労したことがあるのでAndyOSはもう2度と使わんとココロに決めてます。(^д^;) RemixOSは既にコンシューマー向けの開発は終了してるらしいですねぇ。RemixOSはAndroidx86ベースで簡易デスクトップ向けOSとして主宰人も注目してたんすが、残念無念。Androidx86は数日前にNougat(7.1)の安定版がリリースされている。先日、Huawei P10を放出して以降、アジトからAndroidスマホの姿が消え去ってしまったので、PC上で使えるAndroidエミュが再び脚光を浴びることになった。(^ω^) ま、単にAndroidエミュを使いたいのであれば、Android Studio(SDK)を使えば常に最新版Androidが利用できるし最近はPlayストアにも対応してるので実機っぽく使えるんですがぁ、SDKは動作がモッサリなのであんまし実用的ではない。てゆーか、飽くまでもSDKのエミュはアプリの開発ツールとして考えるべきだろな。とりあえず、動作が安定してて手軽に使えるBlueStacksがNougatに対応してくれたのはありがたい。しばらくはAndroidに関してはコレで十分そうだ。(^ω^)

  • 2018/02/08