サイトオカモトへようこそ

世界のスマホシェア(8月) Android/72.79% iOS/25.96% Other/1.25% (Netmarketshare調べ)


記事表示

なんちゃってiPhone miniを使うの巻

0050.jpg今週は毎年恒例のMWCが開催されてますが、予告通りGalaxyS9やXperia XZ2シリースなどが発表された模様。でも、スマホ歴13年目を迎えた主宰人としてはもはや食指が動くようなスマホはなかなか現れず、徐々に自分が好む特定の機能やアプリ、サービスだけを使う傾向になり、一度も使わない機能なんて珍しくなくなった。(^д^;) だからと言っちゃあなんですが、iPhoneSEのようなシンプルなスマホを再び使ってみたくなるのかもしれん。その極めつけが先日入手した「Soyes7S」という2.5インチの極小スマホである。同種の製品は他にも「Jelly Pro」などがある。スペック的にはJelly Proが格上ですが、iPhoneチックなSoyes7Sの方がなんちゃって好きの主宰人にはまさにツボである。(^ω^) 2.5インチ系スマホは昨年の春~夏以降に中国のクラウドファンディングに現れ始め、既に出資者には一部出荷されてたようですが、一般販売は年末年始ごろから開始された模様。日本ではJelly Pro/Soyes7S共にキュレーションセールスのヴェルテが正規代理店と言われてましたが、なんかゴタゴタしてるみたい。技適マークはロットによって付いてたり付いてなかったりとか。Soyes7Sは技適マークない?ですけど、ヴェルテ曰く、独自の保証サービスにより日本国内で利用可能とか訳のわからないことを言ってます。巷ではヴェルテの評判はあんまし良くない?っぽいので主宰人は一般通販サイトで購入しましたけど、日本語化やPlayストアなどは導入済みだったので横流し品なのかもしれん。いずれにしても、この手の製品の購入・使用は自己責任ですね。Soyes7Sは世界最小スマホと謳ってますけど、コレには主宰人は異論がある。4年前に1.5インチのフルAndroid搭載スマートウォッチ「EC309」を使っていたからだ。単体で音声通話もデータ通信も可能だったのでアレも一種のスマホと言える。EC309とSoyes7Sはスペック的に類似点が多い。EC309の長所短所はそのまんまSoyes7Sに当てはまる。レアな機種の割に動作するアプリは多く、比較的サクサクと動く反面、電池の持ちは糞で交換も不可などなど。あの謎のband6表示も健在。(´∀`) ルート化はKingoRootでできる。ブートローダのアンロックやカスタムリカバリーはたぶんできない?というか、仮に出来てもカスロムなんてないだろうから意味ないかもね。EC309同様に実用性はゼロに近いですが、主宰人にとっては触ってるだけでエクスタシーを感じる端末であることは間違いない。メイン機として購入すると後悔を通り越して怒りが湧いてきそうなヘッポコスマホですが、街中で使って周囲から視線を浴びたい人には向いてるかも?m9(^Д^)9m

  • 2018/02/27