サイトオカモトへようこそ

世界のスマホシェア(9月) Android/72.40% iOS/26.26% Other/1.34% (Netmarketshare調べ)


記事表示

祝サイトオカモト20周年!

0055.jpgほとんど忘れかけてましたけど、今年はサイトオカモト誕生20周年だ。(・∀・) 正確な開始日は思えてませんけど、確か1998年春頃だったハズ。よくもまあ20年もダラダラと続いてるもんだな。(^д^;) ま、やってることと言えば、ヒマなときにトイレでウンコでもしながらネタ書き込むことぐらいですけどね。(´∀`)  現在はスマホ道を一直線のサイトオカモトですが、当初はテクノなどを中心とした音楽ネタの多いサイトであった。1990年代後期と言えば、一般家庭でもインターネットが普及し始めたばっかでネット利用に関する法整備もまだほとんどされておらず無法地帯と言えた。通信環境は低速なアナログ電話回線が主流だったのでネット上の音楽コンテンツと言えばデータサイズの小さいMIDIがメインであった。しかし、2001年ごろからJASRACが悪名高きMIDI狩りを行ったため、多くの個人サイトがMIDIファイルの掲載を断念せざるおえなくなった。(´-ω-`) DTM等で個人的に耳コピ作成したMIDIファイルの掲載ですらNGということは、流行りの曲を鼻歌や口笛吹きながら街を歩いたら著作権料を徴収しますよと言われているようなもんなので、一気に反JASRAC運動が活発化した。その後、PCの性能や通信速度の向上によって音楽コンテンツの主役はMIDIからMP3やAACへ移りましたけど、サイトオカモトでは抗JASRAC活動と称し、音楽コンテンツを隠しリンク化したり、パスワードを使うなどしてレア音源等の紹介をアングラサイトで続けていたものの、2010年以降の著作権法改正によりファイルのダウンロードも刑罰化されたため、コレ以上危険を冒すのもアホ臭いし、だからと言ってJASRACにお布施を払ってまで音楽配信する気なんてちゃんちゃらないので、サイトオカモトは音楽系サイトから撤退した。ま、著作権の尊重が重要なことは理解できますが、せめて入手困難な曲やレア音源を個人サイトで紹介する程度なら認めて欲しい気はしますがね。JASRACって著作権の主張は生意気にするんですが、消費者目線では物事を考えないというか聞く耳持たないんだよね。例えば、あるアーティストのファンが過去に購入したことがある同じ曲が入っているベスト集などのアルバムを買ったとしても減額されませんよねぇ? アレって著作権料の複重取りぢゃね?(・c_・`) ま、最近は聴きたい曲があればYouTubeやSpotifyとかで聴けちゃうので音楽の販売や鑑賞スタイルは変化してますがね。なにわともあれ、20年前とは内容的にすっかり様変わりしたサイトオカモトですが、今年は20周年記念として昔みたいなことを何かやりたいな。(^ω^)

  • 2018/03/24