サイトオカモトへようこそ

世界のスマホシェア(5月) Android/69.87% iOS/28.82% Other/1.31% (Netmarketshare調べ)


記事表示

Huawei P10のヘッポコ度を検証するの巻

0004.jpg今週からHuawei P10をメインで使ってますが、ネット上のレビューではP10を称賛するサイトが多いのでココではディスってみた。(^д^;) まず、カメラ。”ライカブランド”を謳い文句にしてますが、そもそもスマホのレンズにライカ使ってもあんまし意味ねえんぢゃね? iPhone7と撮り比べしましたけど、確かに精細に撮れることはあんでしょうが、色の再現性という点ではiPhone7が上手っぽい。Apple様のチューニング力が優れてんだろう。ま、でもカメラや写真の好みは人それぞれですし、P10は細かい撮影設定もできるので、撮り方次第では実力発揮するのかもしんないですが。。。次にセキュリティー。P10に限らずHuaweiのスマホはユーザーの意思とは無関係にBaiduと謎の通信を行っているという疑惑が以前からありますが、ぶっちゃけこの噂は事実らしく、Huaweiも公式に認めているようだ。(;゚Д゚)  でも、何故そのような仕掛けがしてあるのかというと、中国内からGoogleサーバへの通信がNGの場合、代わりにBaiduを利用していることが原因のようだ。中国外ではGoogleにアクセスする仕様だそうですが、位置情報が不明な場合はBaiduにアクセスすることがあるらしい。通信内容に個人情報は含まれていないとのことですが、Baiduに送られた情報がどのように利用されているかは明らかにされていない。(´-ω-`) ま、それについてはGoogleも同じようなもん?ですがね。今の時代、IT機器やクラウドサービスを少しでも便利に利用したいのなら多少の個人情報は犠牲にしなあかんこともあるので、いちいちそんなん気にしてられん罠。さらに、P10の不安要素はSoCがHiSilicon製のKirin960であること。性能がドーノコーノではなく、スマホ業界では少数派のチップのため、動作しないアプリ等があるかもしんないこと。これについてはいろいろ使ってみないとなんとも言えないですが、今後Androidスマホを安心して使えるか否かはハードに依存せずどんだけ互換性を保てるかがカギとなりそうだ。あと、P10にはおサイフや防水機能はないので、モバイルSuica命の人や防水信者は即アウトですね。ま、次期シリーズ(P11?)にはFelica搭載されるみたいですがね。最後に、P10は格安スマホとしては高めの設定(65800円)に不満の声が多いみたいですけど、ぶっちゃけP10を格安スマホと呼ぶのがヘンで、実際には格安MVNOで使われるハイエンドスマホが正解と思われ。で、いろいろ不満言ってますけど、主宰人的にはP10はけっこー気に入ってます。てか、脅威を感じるぐらいに。。。(^д^;)

  • 2017/07/29